MENU

審査が甘いといわれている消費者金融の借入れについて紹介

よく言われることですが、キャッシングを利用する際に銀行の審査よりも相対的に消費者金融の審査が甘いといわれることがあります。さらに大手の消費者金融よりも街金と言われるような中小の消費者金融はなお審査が甘いといわれることもあります。

 

ただ、実際に審査が甘いとはどういうことなのかしっかりとした基準があって言われているわけではありません。しかし、いくら審査が甘いといわれている消費者金融の審査であってもそれぞれの消費者金融の審査基準を満たしていなければ審査に通らない事態はありえます。

 

審査基準とはお金を貸した場合にそのお金を利息分を上乗せしたうえで回収できるかどうかを審査するのですから、いくら審査の甘い消費者金融でもお金を回収できないと判断した場合には絶対にお金を貸すことはしません。もし、審査の甘いといわれている消費者金融の審査も通らないということであれば、金融機関に自分はお金を返さないと思われているということです。

 

消費者金融だからといって・・・

何故か銀行のカードローンの審査に落ちました。かなり自身があっただけにけっこうショックでした。ですがいつまでもショックを受けているわけにもいかないので、次は消費者金融系のカードローンに申し込んでみることにしました。消費者金融だから審査に通りやすいとかそういうことは無いのでしょうが、イメージ的には銀行よりは審査に通りやすい感じもします。

 

で、実際にどうだったかというと・・・二社目で審査に通りました。ということで、やはり消費者金融だから審査に通りやすいということは無いようです。二社目で通ったのは運が良かったのか、その会社の基準がたまたま他よりも低かったかだと思います。

 

何はともあれ審査に通って一安心です。今すぐに大金が必要なんてことはありませんが、必要な時にカードローンがあれば助かるのは間違いないです。私の場合限度額が低いので借りすぎで困るなんてことも無さそうです。喜んで良いのかどうかはわかりませんが・・・まぁ借金苦になるよりはマシですよね。

 

消費者金融ならではの工夫

消費者金融ならスマホのアプリを使ってカードローンの申し込みが出来ると知人に教えてもらいました。直接店舗へ行くのにはちょっと抵抗があり、無人契約機にも人目が気になりは入れない私にはぴったりだ、そう思いました。

 

消費者金融の凄いなと思うところはこういうところですよね。消費者のことをよく研究しているというか、消費者の望むものを上手く取り入れている、そう感じます。もともと無人契約機なんかもそうなんじゃないかと思います。店舗へは行き難い人向けに作られたんじゃないかと感じます。

 

実際にスマホで申し込んでみましたが、アプリ自体もかなり分かりやすくできていました。高齢者なんかにも分かりやすいんじゃないでしょうか?直感的に使えるようになっているのはさすがだなと思いました。

 

銀行が消費者金融と比べて劣っているということはありません。ですが、消費者金融には消費者金融を使いたくなる工夫がされていて私個人的にはとても素晴らしいと思います。消費者のことを思ってなんてなかなか出来るもんじゃないですよね。

お手軽にお金を借りる方法

消費者金融というと昔のサラ金の悪いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし最近の消費者金融はイメージアップ・サービスアップを行っています。日常的に使うものではありませんが、いざという時のための選択肢の一つとして考えてもよくなっています。

 

消費者金融の最も良い点はその手軽さです。無人契約機が多くなっており、人と面向かってローンの話をするのはちょっと抵抗があるという人も安心です。ローンの審査が通ってから実際にお金が振り込まれる時間も短くなっています。

 

振込先の選択肢も多くなっているので、自分が使いやすい口座に振り込んでもらうこともできます。また返済もコンビニのATMからできるところが多いので、時間や場所を気にせず好きな時に返済することもできます。

 

逆に自分で自分を管理できない人はこの手軽さが仇になることもあります。消費者金融のメリットとデメリット、そして自分の性格も十分に考慮に考慮に入れたうえで、実際に利用するかどうか決めるべきです。

 

消費者金融はサラ金のイメージを払拭したか

私にとって消費者金融のイメージはよくありません。消費者金融というよりもサラリーマン金融、いわゆるサラ金としてのイメージがいまだに強く残っています。最近ではてっきり見なくなりましたが、以前にはそれぞれの消費者金融でかなり派手なテレビコマーシャルもやってしました。

 

しかし、私にとって消費者金融のイメージは良くないことは確かですが、社会的には悪いイメージはかなり払しょくされてきたことは事実でしょう。派手なテレビコマーシャルも見なくなりましたし、いい意味でも悪い意味でも以前の消費者金融にあった元気なイメージも地味なイメージに変化してきたようです。

 

消費者金融もうまく利用すればそれほど悪くないということはわかっていますが、やはり銀行と比べると完全にイメージが払拭されたというわけではありません。これからもイメージ回復の努力を続けていかないと昔のイメージを持っている人のイメージ回復はなかなか進まないのではないでしょう。

 

消費者金融利用の体験談

これは自分の体験談ですが、消費者金融と言ってもお金だけをキャッシングする所とショッピング枠があって、それが使えるカードがあったりローンを組んだり(フリーローンや、自動車ローン)できる消費者金融がありますが、そんな後者の自動車ローンでの出来事です。

 

そこの消費者金融会社のカードは、古くから使用していたのですが、それこそ10数年前には、一月支払いが遅れて入金することもありましたが、ここ10年近くに関しては、支払いの遅れなどの滞納は、一切なかったんですよ。

 

その間、フリーローンを使うこともありましたしカードショッピングなんかでも使用していました。とある時に、中古車展示会があって、そこで一台の車の購入時にそこの消費者金融会社の自動車ローンを使用しようとしたのですが、そこで問題が起きたんですねー

 

大体のお察しの通り、ローンが通らない!と言うことだったんです。こちらとしては、「はぁ??、なぜ?」と言う感覚しかありませんでしたね。ここ10年くらい滞納もなく支払いは、引き落とされてたのに?まぁ、それが当たり前だと言われれば元も子もないんですが

 

なにが基準でローンの審査をクリアするのかわからなくなりましたね。なんかガッカリした気分でした。消費者金融会社にとって毎月きちっと支払いをするお客って、なんなんですかね?借りてくれるからその金利で利益を出しているんだったら信用は、どうなるんだよってつくづく思いましたね。

 

まぁ、なんだかんだ言った所で、審査が通るわけでもないので他の自動車ローン会社で無事ローンを組んですべてお支払いした現在でもなんだか腑に落ちない気持ちだけが残ってます。